This Archive : 2008年12月06日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

みんなに感謝!アイシテますっ!!

フクアリに行けなくても、万全な体調で試合観戦に臨もうと、早くにベッドに入ったのに、結局は朝方咳で苦しくて目が覚めてしまった。
前の晩の準備、まったく意味ナシ(苦笑)。
鼻と喉の痛みだけだったのが、朝からクシャミと咳とまあ、騒がしいこと。
目が覚めたのは、午前6時。
もう一度寝ようかと思ったけれど、寝れそうにもないし、出掛けるんだとしたら起きてなくちゃいけない時間だ。
起き上がって、コタツに潜り込み、しばしぼんやり。
目の前の本棚を眺めて、不意に試合を見ようと思いつく。
目に留まったのは、昨年の磐田戦。
私の中での昨年のベストマッチは、ホームでの甲府戦だったけれど、同じくホームでの磐田戦も忘れがたい試合で、甲乙つけ難いものだった。
今とは全然違うメンバー。
もう、何年も前のような気持ちにさせられる。
だけど、あの劇的な試合を見たかった。
あの時も今ほどじゃなかったけれど、苦しい状況で、先制されて追いついて、また逆転されて・・・。
残り時間も少なくなっていく中で、意地で追いついて、その勢いで畳み掛けるように新居選手が逆転ゴールを決めてくれた試合。
最後まで、諦めなかったから奪えたゴール、手にした勝利・・・。

今日の試合は、あの時の試合に似ていた。
今朝見た去年のあの試合、これはなにかの予兆だったのかな?
それとも、私が無意識に、改めて諦めちゃいけないと気を引き締めるための選択だったのかな・・・なんて、今となってはそう思うしかないけれど。
前半終了もあと少しというところで決められ、後半始まって10分もしないうちに追加点を入れられ、0-2。
だけど、不思議と諦める気持ちも、負けてしまうと思う気持ちもなかった。
まだ時間はある。
1点返せば、絶対にいけるって思ってた。
もちろん、これ以上の失点はしないことが大前提だったけれど。
長友選手に決められてすぐに、ミシェウ選手に代わって新居選手、深井選手に代わって谷澤選手と立て続けに選手交代。
ピッチに入って20分後、新居選手が決めてくれる。
まるで今朝見た、去年の磐田戦の時のゴールと同じような位置から。
そして、その3分後には谷澤選手のゴール。
巻選手が胸で落としたボールをキレイなボレーシュートで決めてくれた。
追いついた!!
そして更にその3分後には、PKからレイナウド選手がきっちりと決めてくれて逆転!!
歓喜に渦巻くフクアリは、まるでうねりを覆うようにしてようにして、サポーターと選手たちを包み込んでいた。
でもまだ気をぬいてはいけない。
残り時間はまだ10分プラスロスタイム分ある。
巻選手は、セットプレーでの守備の名残もあったのだろうけれど、後半もうほぼ中盤から後ろで守っていた。
FC東京が高さのある平山選手を入れたのもあるだろうけれど、あれほど長い時間後ろにいる場面は今まで見たことがないほどだった。
監督からの指示なのか、勝つことに必死な気持ちがそうさせたのかはわからないけれど・・・。
でも、その気持ちを少し緩めてくれるように、新居選手のスルーパスから抜け出した谷澤選手が、ほぼフリーでダメ押しの4点目を入れてくれたのは後半も残り5分の頃。
このまま終わって・・・このまま終わって・・・と、画面下に出る他会場の様子を見つつ祈った。
そして、歓喜の時。
あまりに、あまりに素晴らしい結末に、嬉しいのとホッとしたのとで力が抜けて、「よかったぁ・・・」と思わず呟いてしまった。

試合終了直後には、選手たちには他会場の様子がまだ伝わってなかったようで、少し微妙な空気。
勝ったけど、でも、まだ・・・みたいに、表情が締まったままだった。
ちょうど、中継ではミラー監督のインタビュー中、フクアリの歓声が一際大きく聞こえ、そこで残留決定をみんなが知ったのだろう。
次々と画面に映る選手たちの目には涙。
それを見て、私も涙、涙・・・。
どれほどの苦しみとプレッシャーに苛まれ続けてきたのだろう。
私なんかじゃ計り知れないほどのそれから、解放されたからこその、その涙。
時に、心折れそうになったこともあっただろう、諦めかけたこともあっただろう。
それは、選手たちだけじゃなくて、サポーターのみんなもきっとそうだったはず。
でも、その度に、みんなで声上げて自分自身にも、みんなにも言い聞かせるようにそれぞれが「絶対に諦めない」と思い、口にしたはずだ。
選手も、サポーターもそうやって、支えあってきたんだよね・・・。

ゼロからのスタートじゃない。マイナスからのスタートだったと思ってる。
苦しく、厳しいシーズンになることは、開幕前から充分にわかっていた。
だけど、負け続けてもブーイングせず、みんなで頑張ろうって支えあって戦ってきた。
その集大成が、今日のこの試合だったのだと思う。
いくつか前のエントリーで書いたけれど、サッカーの神様は、今年のジェフの集大成を、ここで見せ付けろと思っていたに違いない。
選手、スタッフ、サポーター全員で戦ってきた証を、ここで見せつけ、胸張って来季もJ1で戦えと言っていたんだ。
それを今日、見事に見せてくれた。
みんなで耐えて、諦めずに頑張ってきた証が、今日のこの試合にすべてあった。

途中から戦線離脱してしまった私は、みんなに感謝することしかできない。
今日も試合開始前からメールをくれた友人たち、残留決定後、おめでとうメールをくれた他サポの友人たち。
ずっと、スタジアムで選手たちの背中を押してくれたサポーターのみなさん、そして諦めずに、いろんな苦しみと戦いながらも戦い続けてくれた選手たち、それを支えてくれたスタッフのみなさん、みんな、みんなに感謝です。
来季にはまた、元気にフクアリに行きます。
その時は、どうぞまた声掛けてやってくださいね。
本当に、本当にありがとうございました。
みんな、みんな、アイシテいますっ!!
ちょっと早い気もするけど、来季また、フクアリで!!



スポンサーサイト
COMMENT : 8
TrackBack : 0

ジェフユナイテッド千葉


WIN BY ALL!


Blogram


おしゃべりリラックマ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2008年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



ようこそvv


Jリーグ特命PR部

Jリーグ2010特命PR部員 さやこ


プロフィール

さやこ

Author:さやこ
ザスパ草津のお膝元から、フクアリに向かって叫ぶ日々(笑)。
Jリーグ元年より8年ほど前からサッカー観戦にハマる。
・・・そろそろ古代魚なイキオイ。

'06 初めてJで特定のチーム、ジェフユナイテッド市原千葉をご贔屓にさせていただくことに。

'07 地元・ザスパ草津も精力的に応援開始。

'08 フクアリ、敷島、アウェーにも・・・と思いつつ、体調不良でいずれも途中戦線離脱。

'09 よくばりにも、J1は千葉、J2は草津、JFLはFC刈谷を応援・観戦。

'10 J2にて、千葉、草津を応援。JFLはコッソリV・ファーレン長崎を応援。

★その他イロイロは、コチラにて。


カテゴリー


最近の記事


最新コメント


All articles

全ての記事を表示します。
⇒コチラをクリックしてください。


Favorit Blog


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ケータイでもLxS

QR


ブログ検索


Copyright © Love x Soccer All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ Customized by Sayako
 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。