スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

キャプテンのこと。

移籍云々については、また時期を見て・・・なんて思っていたのだけれど、どうにも落ち着かなくて・・・(汗)。
初めて、きちんと(!?)迎えるオフシーズン。
これまで特定チームを応援してきていなかったから、どこか第三者な目。
いや、今年だって、選手でもなければフロントでもないわけだから、第三者には変わりはないけれど・・・。
でも、だけど、今年はもっとクラブに近い第三者・・・なんだそりゃな、表現だけど・・・(苦笑)。

いろんな記事に踊らされないようにしよう・・・などと思っていた。
だけど、キャプテンのことに関して、あまりに現実味を帯びてきたので落ち着かなくて。
レッズは正式にオファーを出したらしい。
多額な移籍金とか、正直どうでもいい。
そんなことじゃないの。
キャプテンは、移籍しないって思ってる。
勝手な思い込みだと、あさはかだと笑われるかもしれないけど、私はそう思ってる。
ユースからの生え抜きで、ずっとジェフでプレーしてきた。
苦しみながら、悩みながら、キャプテンも務めてきた。
そのすべてを知ってる、分かち合ってきたわけではないけれど、キャプテンの存在を知らなかったわけじゃない。
そして、今年一年だけでも、その存在は充分に私の中にシッカリとあり続けてた。

最終的に決めるのは、キャプテン自身なんだと思うけれど、だからこそ今この時に移籍じゃないって思う。
ナビスコ連覇はそりゃあ、偉業だけれど、リーグでの戦いは、決して満足するものじゃなかったと思うから。
ジェフの生え抜きだからこそ、これでチームを去る決断をするのだろうか?できるのだろうか?・・・と。
アマル監督になって、一年にも満たない。
その中で、結果が出せなかった。
なのに、このまま出てしまう?
たとえ、来年はキャプテンを務めることはなくても、もう一年、アマル監督とジェフで戦って、それから先を考えるってことは、ない?
サッカー選手の選手生命は、そんなに長くない。
新しいことにチャレンジするには、早い決断も必要かもしれない。
それは、国内クラブへの移籍、海外クラブへの移籍をも含めて。
でも、だけど、私が知り得る限りのキャプテンの性格からして、今じゃないって思ってるんじゃないのかな・・・って。
それで、思い悩んでいるのが現時点なのかもしれないけど・・・。
・・・本当に、私の勝手な思い、願いだと思うけれど、あと一年。
あと一年、もう一度ジェフで戦って欲しい。
経営陣にも、キャプテンの存在価値をもう一度、改めて考えて欲しい。
阿部勇樹は、ジェフにとって絶対必要不可欠な存在。

それでも、キャプテンが決意して出ると言うなら、それは受け止めて、涙を呑んで見送る。
そうならないと、信じているけど、でも、だけどそうなったら・・・。
いろいろありすぎた今年。
決して、笑って喜べることばかりじゃなかった。
成績も芳しくなく、つらくて、悔しいシーズンだった。
もうこれ以上の痛みは、カンベンしてください・・・。
ムリとわかっていても、平穏無事なオフシーズンを望むばかりです。
COMMENT : 5
TrackBack : 0

COMMENT

長い長いオフ
浦和からのオファーの件、もうただただビックリ。
例の社長の空気を読まない優勝報告会でのコメント「まだまだ色々あるとは思いますが…」等が頭の中をぐるぐる廻っています。
キャリアアップでの海外移籍ならば涙を呑んで送り出す事も可能でしょうがどう考えてもレッズに行ってどうよ?という気持ちの方が強いです。
オシム前監督といい祖母井GMの件といい降格争いをしていた訳でもないのに何でジェフが他チームの草刈場にならなきゃいけないのか判りません。フロントやサポが一枚岩でないのを見透かされているようで怖いです。
リーグ戦を制して出て行くというのなら快く送り出す事もできるんでしょうけどね…複雑です。
2006/12/11(月) 13:19:39 | URL | きゅ~ #WGNKDDKc[編集]
お返事です。
⇒きゅ~さん
こんばんは。
少し、お久しぶりでございます!
レッズからのオファーには、いろんな意味でガックリです・・・。
なかったことにはならないですかねぇ・・・(苦笑)。
今年はもう充分すぎるくらい、痛みを負ったと思うのです。
だから、もうこれ以上の痛みはカンベンして欲しいですよね・・・。
いや、プロの世界と言ってしまえば、ただただ、甘い考えでしかないのかもしれませんが・・・。
キャプテンには、ぜひみんなでリーグ制覇を成し遂げて、そして世界へ羽ばたいて欲しいです。
これもまた、甘いのかもしれませんが・・・(汗)。

2006/12/11(月) 23:32:43 | URL | さやこ #-[編集]
色々と考えます
私も阿部ちゃんは国内の他チームへの移籍はないと思っているし、そう思いたいです。
海外移籍も今ではないと…そう思いたい気持ちの方が強いのかもしれません。
ただ、やっぱり今年はああいう結果で。
阿部ちゃんの性格とかを考えると、ナビスコをとったからといって、はい移籍、とはならないと思うのですよね。

まるでジェフを選手育成工場や、何を奪って行ってもいいようなそんなことを考えているのではないかと思ってしまうような(被害妄想?)他チームの動きにはほとほと…も~イヤっ!って思ってしまいます。

フロントにはもっとしっかりして欲しい。
阿部ちゃんの存在価値もだし。
そう簡単に渡せないものがあるって、そういう毅然とした態度をとってもらうところはもらわないと、サポだってどうしていいのか分からないですよね。

ただただ阿部ちゃんの判断を待つだけです。
2006/12/12(火) 00:12:41 | URL | 七瀬茗 #nP5eofls[編集]
誰かのために。
ここ半年程度のスタ通いの私が僭越とは思ったのですが、やっぱりちょっと参加させてください。

ジェフがチームとしての基本理念に、いわゆるプロビンチャの特色を対外的にほのめかしているうちは、選手の買い漁りは続くのだろうと思います。
よもやもすると、買い手クラブ側の心理もジェフというクラブを理解した上でのJ発展のための相互協力的な行動であると正当化しているのかも知れません・・。
原因があり、結果がある。そういうことだと思います。

しかし、ここ3年間において選手の意識もサポーターの意識も変わり、優勝を目指すようになったのですよね。
そこで、基盤である肝心のクラブの意識はどうなのか。
選手を守り切れるのか、サポーターをぐっと巻き込めるのか。
何より、3者の絆を深め、お互いの信頼関係を厚く結べているのか。
選手はまず、その選手生命の短さゆえ、自己を優先すると思われがちですが、私は?と考えます。
ここ一番の頑張りは、「自分だけのため」には発揮出来ないと思うからです。人は、人に認められ、信頼され、それに応えるべく最大の力を出し尽くすのではないでしょうか・・。
ジェフのサッカーは、その「出し尽くした」ことによってのみ、輝くように思われるのです。
ジェフは、その覚悟と用意があり、選手に示せるのか。
そしてレッズは、名古屋は、東京FCはどうなのか。

選手達がその力を出し尽くせるようなサポートが必要・・。
クラブ側が、選手達を、サポーター達を、本当に大切な存在であることを、誤解のないシンプルな言葉で繰り返し伝える努力が必要・・。

もしそれが叶わぬなら、選手達を引き留め、力を出し尽くす努力を期待することは、私ならできない。
そう思います。
2006/12/12(火) 18:50:27 | URL | ゆみこ。 #-[編集]
お返事です。
⇒七瀬さん
こんばんは。
私たちの希望的観測かもしれませんが、キャプテンの移籍はないですよね・・・?
今年の成績で、出てしまうって考えられなくて。
確かに素晴らしい選手。だから、他のチームからオファーが来てもおかしくないと思う。
でも、キャプテンとしたら"今"じゃないと思うんですよねぇ・・・。
それでも、決断するのはキャプテンだし、当然私たちの希望とキャプテンの思っていることは必ずしも一致はしないと思う。
その決断を、黙って待つのはつらくて苦しいけど、そうすることしかできないんですよね・・・。
淀川社長は、レッズの藤口社長に「出さない」と言ったみたいだけれど、本当に、毅然とした態度でNOと言って欲しいものです。
キャプテンを手放してしまったら、大損失ですよ~・・・。
お金じゃないんです。キャプテンは、プライスレスな存在なんです。
フロントのみなさんには、よくよく考え、その存在価値を改めて認識し、対応して欲しいですね。

⇒ゆみこ。さん
こんばんは。
私もさほど内情に詳しいわけではないので、ただ希望を述べるばかりになってしまっていますが、ゆみこ。さんのご意見には同意です。
確かに、ビッグクラブではないジェフなので、プロビンチャ的なスタンスだと思われているのかもしれませんよね。
プロビンチャが悪いと言うことではなく、ジェフのスタンスとして、運営・経営の確立したものが見えてこないから、そうとられてしまっているのかなと思うと、どうにも腑に落ちません。
そして、おっしゃるとおり、もっとクラブ、選手、サポーター3者の信頼関係を確かなものに、明確にしていかなければ、そのイメージはなかなか払拭されるものではないのだとも思います。
だからこそ、フロント陣にはしっかりとした理念と誠意を持っていただきたいと思うし、示していって欲しいと思います。
一足飛びにはムリなのかもしれないけれど、少しずつでも努力していかなければ、ずっとこのままですものね。
今回の件は、これからのジェフにとっての最終決断でもあるのかもしれないですね。
ここで改めて、プロビンチャではないという意思表示と確固たる理念を示してこそ、新たな意志を持ったクラブに、胸を張って上を目指していくクラブになるのではないでしょうか・・・。
2006/12/12(火) 23:58:30 | URL | さやこ #MfSlr/7Y[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

ジェフユナイテッド千葉


WIN BY ALL!


Blogram


おしゃべりリラックマ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



ようこそvv


Jリーグ特命PR部

Jリーグ2010特命PR部員 さやこ


プロフィール

さやこ

Author:さやこ
ザスパ草津のお膝元から、フクアリに向かって叫ぶ日々(笑)。
Jリーグ元年より8年ほど前からサッカー観戦にハマる。
・・・そろそろ古代魚なイキオイ。

'06 初めてJで特定のチーム、ジェフユナイテッド市原千葉をご贔屓にさせていただくことに。

'07 地元・ザスパ草津も精力的に応援開始。

'08 フクアリ、敷島、アウェーにも・・・と思いつつ、体調不良でいずれも途中戦線離脱。

'09 よくばりにも、J1は千葉、J2は草津、JFLはFC刈谷を応援・観戦。

'10 J2にて、千葉、草津を応援。JFLはコッソリV・ファーレン長崎を応援。

★その他イロイロは、コチラにて。


カテゴリー


最近の記事


最新コメント


All articles

全ての記事を表示します。
⇒コチラをクリックしてください。


Favorit Blog


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ケータイでもLxS

QR


ブログ検索


Copyright © Love x Soccer All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ Customized by Sayako
 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。