スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

さあ、再開!

またしても、金曜日の夜なのにワクワクしない。
明日からJ1再開だというのに。
なぜなら明日も仕事だからだぁ・・・ちぇ。

・・・オヒサシブリでございます。
やっと必死のレセも終わり(正確には水曜日に終わっておりまする)、明日仕事に出るハメになったので、昨日はお休みをいただいて猛暑の中、息抜きにちょっと大冒険(笑)。
さあ、気持ち新たに、J1再開ですっ!
・・・と、その前にいろいろと整理しなくちゃ。今更かもしれないけれど・・・。

ひとつめは、イリアンのこと。
結局、イリアンとはもう一緒に戦えなくなってしまった。
再来日した際に、もう一度話し合って、そしてまた一緒に戦えるようになったらいいのに・・・って、思ってたのは甘かったのかな・・・。
最初にイリアンのこの件について書いたときと同じ。
わからないことだらけ。
先日公式で発表されたサポーター団体代表との意見交流会での議事録を読んでも、わからない。
単に、私に読解能力がないだけ???
みんなが同じ方向を向いて、同じ心持ちで進まずしてWIN BY ALLなんてないと思う。
それを思えば、イリアンが発した言葉は間違いだったのだと思う。
だけど、少し時間が空いたけれど、でもだからこそ、イリアンもきちんと考えて謝罪をしたいと言ったのに、それでも契約解除は変わらずとは・・・。
・・・謝罪して、それじゃあ、ダメなの?
私の考えは甘すぎる?
一度あった謀反は、二度もありえるから?
でも、だけど、イリアンだってコドモじゃない。今回のことで、これだけの騒ぎになった事実は理解して、反省もして・・・じゃないの?
それを思ったからこそ、謝罪をして、もう一度ジェフで、ジェフのために・・・じゃないの???
イリアンがいてくれることでのチームとしての戦い方、これまで彼が尽力してくれた事実、すべてをゼロに、いやマイナスにしてしまってもいいの?
前にも書いたけれど、外国籍選手だからこそ、日本人選手以上にあらゆる面でのサポートが大事だと思うし、話し合うには時間ももちろんだけれど密度も大事なのじゃないのかしら・・・。
足りないものだらけじゃなかった?
時間がかけられないと、面倒なことはイヤだから、投げ出してしまえと・・・そんな風に対応して、チームとしてプラスにもましてやゼロにさえならない決定のままだなんて。
普段の生活の中でも、誰でも人と関わって日々が巡っている。
プロのチームとして戦うのなら、規律も大事かもしれないけれど、過酷な日々を戦うための心持ちを大事にしなくちゃならないと思う。
それは、対峙する相手を思う気持ちじゃないの?
ましてや敵じゃない、同じチームの選手。
イリアンだけじゃない。この事実を受け止めなくちゃならない、他の選手たちの気持ちも、きちんとケアしてくれているだろうか?
絶対にしてくれている・・・と、思えないのがまた悲しい。
でもそれが、事実なのだろうなぁ・・・。
さよなら、イリアン。・・・悔しくて、悲しいよ。
なんにもできなくて、ごめんなさい・・・。
まだまだ選手として活躍して欲しいけれど、勝手なワガママだけど、イリアンがいるチームとは戦いたくないよ・・・。


そして、羽生さんのこと。
あの、アジアカップでの幕切れから、メディアを通して聞いた羽生さんの言葉。
ただ「PKを蹴りたくなかった」って一言だけが強調されて、アチコチで賛否両論。
羽生さん自身も日記で記していたけれど、ネガティブな気持ちがあったとは思う。
だけど、「蹴りたくない」のは、責任逃れからじゃないと思ってた。
羽生さんは、そんな無責任な気持ちを持ったまま代表にいったわけじゃないの、わかっていたもの。
チーム低迷中で代表に呼ばれることでのジレンマに苛まれ、それでも気持ちを前向きに、新たな決意で向かうことも知らせてくれていたもの。
だから、代表での羽生さんを今まで以上に応援したいと思っていた。
サウジに負けた後泣き崩れた羽生さんに、川口選手や楢崎選手、佑二さんが話したように、これが経験値となって、まだこれからのサッカー人生での糧となったと思ってる。
これまた前にも書いたけれど、苦しみを知って、更にいい選手、いいチームになっていくものだと思う。
これで終わってしまう選手じゃないし、代表だってそうだと思う。
負けてしまったのは、羽生さん一人の責任じゃない。
サッカーは、一人で戦うものじゃないもの。
私がジェフサポだからそう思うんじゃない。
たとえ、あの時、そして今置かれている状況が羽生さんじゃない誰か、ジェフの選手じゃない誰かだったとしても、私は同じように思う。

言葉を発することは、難しいことだと思う。
ましてや、面と向かって、直接その場で誰もがみんな聞くことのできない状況。
だから、その場で直接聞けて、それを伝える人たちの重要性って、すごく大事だと思う。
聞くのも、伝えるのも人だから、多少の感情、伝える方法手段としての思惑もあるとは思う。
だけど、チームが負けた事実に対して、その中のただ一人の選手に責任を問うような、負わせるような記事、発信の仕方はないのじゃないかな。
原因のひとつではあったかもしれないけれど、ただそれだけではない。
言葉って、誰かを元気づけてあげることもできるけれど、その言葉ひとつで誰かを傷つけることだってある。
意としていても、意としていなくても。
発するのも、伝えるのも、それを見る、聞くのも人だから、それぞれの伝え方、受け取り方があって当然だとは思う。
だから、今回のことが、メディアの全面悪とは言い切れない。
伝えるほうも、受け取るほうも、それぞれの気持ちや考えがあるものだから。
それがすべて、通り一遍で誰もが同じことを思って、発信してでは、人の世界ではないとも思うし。
人の数だけ気持ちも考えもあって当然。
ただ、私はサッカーの勝敗について、一人に責任を負わせるのは違うと思うから。
そして、その伝え方によって、精一杯戦った選手の頑張りが、何もなかったように、烙印だけを押されてしまうようなことになってしまったことが悲しい。

私は、羽生さんは戦ってきたと思ってる。
ゴールとか、勝利とか、目に見える結果は出せなかったかもしれないけれど、羽生さんは羽生さんの仕事をしていたと思ってる。
もちろん、チームのために。
私だけじゃない、もっとたくさんの人もきっと、思っているし、わかってると思う。
だから、羽生さんにはまた前を向いて頑張って欲しいと思う。
いや、きっと、絶対にそうしてくれると信じているけれど。


イリアンのことも、羽生さんのことも、つらくて悲しかったけれど、もう日々は進んでいる。
明日にはJ1リーグも再開。
すべてをなかったことにっていうのは違うと思うけれど、喜びも苦しみも、悲しみも、すべてをお腹の底にストンと落として、また進まなくちゃ。
それは選手たちだけじゃなくて、私も。
気持ち新たに、これまでのことを糧として、また前進しなくちゃ。
明日はフクアリに行けないけれど、それでもまた進み始めるジェフのみんなをテレビの前からでも応援しようと思う。
だって、待ちに待っていたのだから。
明日のフクアリでは、イベントだけでなく、サポーターみんなでの企画もいろいろあるようだし、そんなみんなに気持ちを託して、私も負けないくらいの応援を、群馬からしたいと思います。
さあ、これで私も明日からのまた新しい一歩を踏み出しますよ!
気持ちよく、気持ちよく参りましょう!
サポーターとフロントは、上手くいっていないかもしれないけれど、サポーターと選手たちの絆はもっと強く、深く。
それは、絶対に崩しちゃダメだものね。
・・・やっぱりWIN BY ALL!・・・なのですね。
COMMENT : 0
TrackBack : 0

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

ジェフユナイテッド千葉


WIN BY ALL!


Blogram


おしゃべりリラックマ


カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ようこそvv


Jリーグ特命PR部

Jリーグ2010特命PR部員 さやこ


プロフィール

さやこ

Author:さやこ
ザスパ草津のお膝元から、フクアリに向かって叫ぶ日々(笑)。
Jリーグ元年より8年ほど前からサッカー観戦にハマる。
・・・そろそろ古代魚なイキオイ。

'06 初めてJで特定のチーム、ジェフユナイテッド市原千葉をご贔屓にさせていただくことに。

'07 地元・ザスパ草津も精力的に応援開始。

'08 フクアリ、敷島、アウェーにも・・・と思いつつ、体調不良でいずれも途中戦線離脱。

'09 よくばりにも、J1は千葉、J2は草津、JFLはFC刈谷を応援・観戦。

'10 J2にて、千葉、草津を応援。JFLはコッソリV・ファーレン長崎を応援。

★その他イロイロは、コチラにて。


カテゴリー


最近の記事


最新コメント


All articles

全ての記事を表示します。
⇒コチラをクリックしてください。


Favorit Blog


リンク


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ケータイでもLxS

QR


ブログ検索


Copyright © Love x Soccer All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ Customized by Sayako
 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。